さくらんぼ計算と子供のプログラミング学習を考える

さくらんぼ計算と子供のプログラミング学習を考える
こんにちは、ミチノリです。

また月曜日を迎えました!今週も「平日更新、沖縄ポケットモンタージュ」でせっせと情報を発信していきます。そろそろ仲間を増やしたいです。

はい!本題です!

少し前のコトですが「さくらんぼ計算」が話題になっていましたね。

僕が初めて「さくらんぼ計算」という言葉を知ったのは、一年半前のコトですが、今日に至るまで何となく「なんだろう?」とは思いながらも、あまり気にしていませんでした。

で!せっかく初体験メディア「沖縄ポケットモンタージュ」を運営しているので、初めての「さくらんぼ計算」についてお勉強してみました。

試しに「さくらんぼ計算ってなんですか?」とママ友の皆さんに聞いてみると、「さくらんぼ計算とはね・・・」という説明がすぐに返ってきました。
 
さくらんぼ計算は、小学生の子供を持つママ達にはお馴染みの計算方法になっているようです。
 

さくらんぼ計算の基本的な考え方

さくらんぼ計算は、小学1年生から学習する計算方法です。

さくらんぼ計算の一般的な例題として、まずは足し算があります。

「9+3=」という問題を解く場合は、まずは後ろの数字「3」を2つに分解します。分解する際には、「9」と「3」を2つに分解した内の「前の数字」との合計が「10」になるようにします。

そうすると写真のように、計算式も分解されて「9+3=」が 「9+1+2=」になります。

これを前から順に計算すると「9+1で10。そして10+2で12」となります。

「7+7=」の場合は「7+3+4=」で、「6+5=」の場合は「6+4+1=」です。 このように「10+a=」という風に最初の計算で必ず「10」になるように 後ろの数を分解していきます。そうすれば繰り上がりの計算が「解き易いかもね?」という手法です。

引用元:さくらんぼ計算|ぷりんときっず

さくらんぼ計算には、足し算だけでなく、引き算や桁数の異なる計算もあるようです。数字の分割数や、条件も変化します。

今回の記事では、「一桁の足し算」に限定して書いています。

 

ダウンロードしたプリントを例題として勉強してみましたが、大人ならすぐに理解すると思います。「さくらんぼ計算」だとは思っていなくて、自然とこの計算方法を使っている方もいると思います。
 
実際に自分でも、さくらんぼ計算を使って問題を解いてみて思ったのですが、ただ単に「9+3=」を計算するだけなら、「さくらんぼ計算」を使わなくても、すぐに「12!」と答えても良いと思います。
 
さくらんぼ計算の良い所は「特定のルール」に従って「数字を分解」し「合算」していく考え方だと思いました。
 

これって、プログラミング学習を行う際に役立ちそうだなー。と思いました。

2020年から小学校では、コンピュータを活用した学習が本格化し、プログラミング学習もスタートします。プログラミング学習では、プログラミングの基本的な概念等、定められた明確なルールに従って、自分が実現したい「動き方」を考えて記述するコトで、コンピュータに命令を与えていきます。

プログラミングの世界では、モノの動き方や考え方は「1つ」ではなく、分割もしますし、合算もします。

文科省が定めている「学習要領」でも記載されている「今後のIT&プログラミング教育」も見据えて「さくらんぼ計算」は推奨されているのかも・・・しれません。

 

Scratchで、さくらんぼ計算を作ってみました

というわけで。

子供向けプログラミング言語として人気の高い「Scratch(スクラッチ)」で、さくらんぼ計算を体験出来るゲームを作ってみました。

ゲームというより、ただ単に「さくらんぼ計算」が出来るだけなのですが、ぜひお試しあれ!です。


「旗」のボタンを押してゲームをスタートすると、「○+○=」の部分に1から9までのランダムな数字が入ります。

その後、「左側のさくらんぼの数字」と「右側のさくらんぼの数字」と「答え」を入力して頂くと、正解の判定が行われるようになっています。

上述しているように「A+B=?」の「B」を2つに分解し、まず「A+分解1」の合計を10にして、分解2と合算して答えを出すルールになっています。

説明は省きますが、「さくらんぼ計算ゲーム」のプログラムは下記のようになっています。

さくらんぼ計算ゲームを作る方法は何通りかありますので、これは一例です。

 

足し算の「答えは1つ」ですが、その答えを出すための方法は、1つでは無く何通りもあるわけです。

僕らが子供の頃には学校で学ばなかった「数字を分割する」足し算も、今の時代では必要な考え方を身に付けていくための「最初のステップ」なのかもしれませんね。

今回、急いで作ってみた「さくらんぼ計算ゲーム」ですが、PCからはお試し頂く事が出来ます。現在のScratch(スクラッチ)は、flashで動いているのでスマホや対応していないPCでは動きませんのでご了承くださーい。

 

今週、月曜日は「さくらんぼ計算」を初体験するコトからスタートしましたが、一切ふざけていない記事が完成してしまいました。

たまには真面目すぎる初体験コンテンツも有りかな・・・と思いつつ、お届け致しました。

今週も皆さん、頑張っていきましょうー。


今日はおしまいです。

沖縄ポケットモンタージュはリニューアルしました!

やってみようカテゴリの最新記事