おとうさんの還暦祝いと泡瀬大綱引

おとうさんの還暦祝いと泡瀬大綱引
こんばんは、ミチノリです。
 
タンクトップで失礼します。ビフォーアフターで言うと、今はアフターの状態です。

今日は「還暦祝いと泡瀬大綱引」について書きますが、少々強引に「ほのぼの良い話」として書こうと目論んでいます。

 

それでは、まずはビフォーの話をさせて下さい。

 

11月11日はおとうさんの還暦祝いでした

11月11日は、おとうさんの還暦祝いでした。

「皆、11日は還暦祝いだから絶対仕事は休んでね。」と言われていたコトを忘れてしまい、仕事を入れてしまったら「嘘だろ」と怒られたので、色々と周囲に調整頂いて、無事に参加出来ました。すみませんでした。

で、無事に還暦祝いをスタートしたのですが、偶然にも5年に1度の「泡瀬大綱引の日」と重なったので「少しだけ皆で行ってみようぜ!」ということになり、還暦祝いを一旦ストップして会場へ向かいました。

 

 

泡瀬大綱引会場は人と人と人!

泡瀬大綱引は、五年に一度開催されます。
 
前回の時には「のべ3万人」集まったそうですが、おそらく今回の泡瀬大綱引では、それ以上の人が集まっていると思います。
 

会場は多くの人で溢れかえっていて、最初はどこに大綱があるのかも見えませんでした。

 
「子供たちは危ないから参加を遠慮してくださいー!」
 
というアナウンスがあったので、子供たちは街頭での応援にまわり、おとうさんを筆頭に大人だけで大綱引に参加です。
 
今日は同行者がいっぱいいるので、写真撮影をお願いしました。
 

 

泡瀬大綱引、開始後に気づいた衝撃の事実

19時より泡瀬大綱引開始です!

 

5秒前、4、3、2、1・・・大綱引開始!

 

 

といった感じで、泡瀬大綱引がスタートしました。

 

 

せーの!せーの!よいしょ!よいしょ!

という声がたくさん上がりながら、会場は一気に「熱気」に包まれます。

泡瀬大綱引も「東(あがり)」と「西(いり)」に分かれて対決が行われます。

沖縄の方言で、東は「あがり」、西は「いり」、南は「ふぇー」、北は「ニシ」と表現します。「北なのにニシ問題」はよく議論される沖縄あるあるです。

 

大綱引には、人々を楽しく笑顔にさせる不思議な力があるみたいです。

会場内では、ほぼ全ての人々が笑顔だったと思います。

 

「大綱を超たくさんの人で引っ張りあって競う」という日常的ではない体験に脳も少しバグるのかもしれません。とにかく楽しいです。

 

「うおー!楽しい!けど、超きつい!これはどのくらいで決着が付くんだろう?」と思った僕に対して、すぐにアナウンスで回答がありました。

 

頑張って下さい!終了は19時30分です!あと25分です!

 

あと25分です!はい、せーの!せーの!

 

 

 

これを30分間もやるの?」という衝撃に、文字通り「頭を抱えた瞬間」をカメラは捉えていました。

 

19時開始で終了時間は19時30分でした。

まさか「ノンストップ」でやるとは思って無かったです。

 

30分間戦い続けるからこそ得られるもの

泡瀬大綱引は30分間ノンストップ初体験です。僕の知識不足でした。
 
とりあえず、頑張って10分ほど大綱引を続けた所で、少しだけ水分補給のため大綱から離れました。

周囲を見てみると、30分間対決なので、自由に休憩を取ったり、新たに到着して参加する人も多いです。

 

「10分ぐらい頑張ったし、もうそろそろいいかなぁ・・・」

「でもせっかくだし、30分間戦おうかなぁ・・・」

「いやでも・・・、しっかしなぁ・・・」

 

頭の中でも少しだけ「やめる or 続ける」の綱引きをしましたが「続ける」に軍配が上がったので再度、大綱へと向き合いました。

 

15分を過ぎたら不思議なゾーンへ突入

「大綱引」って、物凄く不思議な場所だと思いました。

15分を過ぎたあたりからは「せっかくだから勝ちたい」という感情も芽生えてしまい不思議なゾーンに突入しました。

力を緩めれば良いだけなのに「全力で、全力で戦うし!やるし!」という感情が登場します。

 

「負けるか!」、「超きつい!」、「でも全力だし!」、「仲間集まって!」、「うおー!」がループします。

 

大綱引とは、東と西の戦いでありながら、「自分自身」と戦う競技でもあります。

なにこれ!

 

多分、みんなも同じ気持ちです

会場内は不思議な連帯感で包まれていきました。

多分、みんな同じ気持ちになっていたと思います。

 

残り時間は、あと10分です!

(わー、超きつい、でも負けたくない!)

 

残り時間は、あと5分です!

(嘘でしょ!まだ5分も!)

 

残り時間は、あと1分です!

(絶対に負けん!!!!!)

 

あと10秒!3、2、1・・・終了です!!!

 

最後に残ったのは、「自分自身と全力で戦い続けた達成感」でした。

 

達成感すごいけど、翌日は行動不能に!

「最後まで、やってやったぜ。」という達成感は凄いのですが、還暦祝いを一時停止して参加しているので、ここから還暦祝いの本番です。
 

Tシャツもタンクトップも、全部、汗びっしょりです。疲れたー!

長袖シャツを一枚だけ持ってきていたので、お風呂を借りて着替えました。

翌日は、特に上半身(腰から上)が超筋肉痛となり、軽く行動不能状態です。

一日中、何かあるたびに「(・・・痛い)」と思っていました。

 

還暦祝いと泡瀬大綱引を良い話にしよう!

僕以外は顔出しNGなので、皆ハムスターにしました。

それでは、記事を締めます。少々強引に良い話にします。


今回、おとうさんの「還暦祝い」という人生の節目を迎える記念日に、家族皆で「大綱引」に参加出来たコトは本当に良かったです。


還暦祝い、超良かったです。


家族のために大綱を引っ張り続けて「自分自身」や時には「負けられない誰か」とも戦って、頑張って、頑張って、頑張ってきたから、こんなにたくさんハムスターが増えたんだと思います。

僕もいつの日か、訪れるであろう「還暦、初体験の日」まで、皆で息を合わせて「超全力」かつ「笑顔」で大綱を引っ張り続けて「幸せなハムスター」をいっぱい増やしたいと思いました。


今日はおしまいですー!

やってみようカテゴリの最新記事