【ブランコから伝えたいコト】なぁ、意識上げてこうぜ

【ブランコから伝えたいコト】なぁ、意識上げてこうぜ

こんにちは、ミチノリです。ブランコから失礼しています。

 早速ですが、皆さん。

意識、アゲアゲしてますか?

僕はいま、意識を爆アゲしている最中です。

意識を高く持たないと、毎日のように初体験メディアを更新し続ける事は出来ません。

自らが立ち上げたメディアで、自らが定めた更新頻度のルールに苦しめられるという不思議な日々を過ごし始めてはいますが、意識さえ高ければきっと乗り切る事が出来るはずです。

僕が書いた記事を、僕に提出して、僕が掲載OKを出しています。

 

はい。

皆さんは、意識アゲアゲしてますか?

 

 

意識を高めるために、まず僕が最初にやるコト

僕が意識を高めるために、まず最初にやるコトは、「とにかく体を作りながら痩せる」というコトです。

僕は昔から、太ったり痩せたりを繰り返しています。

太っている時は、何をやるにしても「明日でいいかな。。。」という気持ちが先行し、物事を先送りするようになります。ご飯もたくさん食べますし、間食もします。眠い時間帯も増えて、全ての動きが鈍くなります。

逆に体を作りながら痩せている時は、何をやるにしても「今日でやるし!」という気持ちが先行し、物事を先送りしなくなります。ご飯も栄養価が高い食品を最低限しか食べないので、眠い時間帯は少なくなり、全ての動きが早くなります。

 

ただ単に無茶なダイエットをして痩せる事は、あまり良くないと思います。

「体を作る。」は大切です。人間の体は基本的に意図して作れるものだと思います。僕の場合は体を作るときには、食事も「野菜、果物、魚、ナッツ類、玄米、鶏肉」など、健康に関するエビデンスの高い食材に限定します。ジュース類も飲みませんし、お菓子も食べません。

しっかりと運動と筋トレを行って、体を作りながら痩せていくコトは必要不可欠です。超重要です。体を作るために、僕はウォーキングと「腕立て伏せ」を毎日欠かさずに行います。

 

僕なりの勝手な理論ですが、「意識して作った体型」と「意識の高さ」は比例します。もちろん例外はあると思います。

 

じゃあ、太ってるより、ずっと頑張って痩せてる方がいいじゃん!!!

っと、ロクロを回しながら思うのですが、ずっと痩せていないのには理由があります。

 

 

 

ずっとは頑張りたくはないんです。

 

ずっと頑張りたくないは、言葉に語弊がありますが、体を作りながら痩せたままで常に意識が爆上げになった状態でいると、色々と弊害も出てしまいます。

意識が鬼マシマシに高い状態だと、やるべきコトをやらない人に対しては「何で、もっとやらないの?」感を出してしまいます。

自らに常に高い結果を得るための条件を出し続けてしまうと、起きている時間は常に仕事をしてしまいます。そうすると家庭のコトが疎かになってしまいます。

 

これは良くないコトです。反省します。

 

なので、「集中すべき」時が訪れるまでは、のほほんと頑張りながら、その時がきたら頭を切り替えて、一切妥協せずに、一気に物事を進めるために、ギュッと体を作りながら意識をマシマシに痩せながら前に進んでいるのです。

 

意識を高めるためには、発想の転換も必要です

意識をアゲアゲして高めていくには、発想を転換していくコトも必要です。

 
そして、たまに行うコトよりも、日常的に行っているコトにこそ、この発想を転換する考え方が必要になります。
 

例えば、朝の子供の送迎です。僕も毎朝、子供を学校まで送っていますが、正直に言うと「ちょっと今日は疲れが取れてないし、眠いなぁ・・・」と思ってしまう日もありました。人間だもの。

 

でも、いくら「眠いなぁ・・・」と思ったとしても、学校まで送ってあげる事は、毎日必要なコトです。なので、発想を変えて「必要不可欠な事」に発想を転換しました。

 

僕の場合は子供を学校に送るコトは「充電をする」コトと強く考えています。

 

人間は電気で動くわけではありませんが、やはり気持ちを充電しないと動きが鈍くなったり、時には動けなくなると思います。

一緒に登校することで、色々な話が出来ます。子供が元気よく学校に出かけていく姿を見ていると、「眠いなぁ・・・」よりも「心が充電されるな!」と考える事は出来ると思います。

充電する」という意識を持って、発想を転換するコトが出来れば「楽しさの感情」も加わるのでダルさは無くなりますし、とても前向きな気持ちになることが出来ます。

 
ただし、子供の反応は、こんな感じです。

 

 

僕:「(深呼吸をしながら)よし、今日も充電しような!」

子:「え?充電って何?何かするの?コンセント無いよ?」

僕:「違うよ。心の充電をするんだよ。充電しないと動けないだろ!」

子:「・・・?だから、何を充電するの???」

僕:「今日も一日、元気に動くために充電するんだよ!はい、充電しような!」

子:「意味、わかんない・・・。」

お父さんから急に「充電するぞ!」なんて言われても、意味が分からないと思います。

でも、その会話の楽しさもまた、「充電をする」という発想転換のポイントですよね。

 

発想を転換することで、前向きに考えるコトが出来て、意識も比例してマシマシに上がっていきます。

 

そして、この記事で本当にやってみたかったコト

体を作りながら意識をマシマシでアゲアゲにしよう!

とか

「充電」をキーワードに発想を転換して日常を楽しもう!

とか

 

色々と書いてみましたが、僕がこのコンテンツで本当にやってみたかったコトは、ブランコに座っているだけの写真でも、文章さえ何となくそれっぽい事を書いていれば、読んでくれた方に対して、何となく良い感じに思って頂ける記事になるんじゃ・・・ない?

 

でした。

 

もう少しだけ最後の方はフザケた感じにして「ほんとはブランコに座ってるだけでも記事を作れるか試したんでしたー!!!」という終わりにしたかったのですが、文章を真面目に書きすぎてしまったので、取り返しがつかない状況です。

 

今日は、おしまいです。

 

※もちろん「意識マシマシアゲアゲ」と「発想を転換して楽しもう」は嘘じゃないです。僕の中では全部本当で超実践してますからね!

 

やってみようカテゴリの最新記事