【初体験シリーズ連載】キャッシュレス生活を初めてみよう!

【初体験シリーズ連載】キャッシュレス生活を初めてみよう!

ミチノリです。早速ですが僕が記事を書いている「初体験メディア 沖縄ポケットモンタージュ」は、新しいコト、新しいモノ、新しい場所など、記事を書くライターが初めてやってみる「新しい体験と経験」をお届けするコトをテーマにしています。

先日は顔がパンパンになってしまったコトについて書きましたが、毎回、様々なコトをテーマにお届けしたいと思っています。

朝起きて顔がパンパンな時に最適なマスクとは?

 

今回お届けしたいことは、僕が前々からやりたいなー!と思っていた「キャッシュレス生活」についてです。

キャッシュレスとは、ざっくり言うと、現金(硬化や紙幣)を使わずに、電子マネー、クレジットカード、小切手・口座振替等を利用して「お金」の支払いや受け取りを行うことを言うと思います。僕自信がまだハッキリとキャッシュレスの概念を理解していないので、表現を「言うと思います」に留めています。

 

日本のクレジットカードは使えば使うほど恩恵を得られる

キャッシュレスに関してのコンテンツを読むと、よく書かれていると思いますが、日本のクレジットカードや電子マネーは利用者にとっては決済速度もスムーズになりますし、基本的にメリットしか無いように思います。(ついつい使いすぎちゃうのはデメリットだ!的なコトは利用者の責任なので置いときますね)

日本では決済に関する手数料金等は事業者負担が基本となっているので、利用者は使えば使うほど現金支払いでは得られない恩恵が得られます。僕の使っている航空会社のクレジットカードも、日常生活での支払い用として使用していますが、飛行機に乗らずとも気づけばマイルが貯まっていて、航空券やその他の特典に交換するなど様々なメリットがあります。

現金(硬貨、紙幣)では得られないのに、一旦、決済代行会社を通す事で、様々な特典が得られるサービスが多いので利用者目線だとデメリットは少ないように思えます。

 

なにわともあれ、今は答えが出せませんが

お金って、何なんだろう?

と思ってしまいます。今の僕には「お金とは?」という質問に対して答えられる知識は好きな漫画の一つである「市場クロガネは稼ぎたい」を読んで覚えているぐらいのコトしか持ち合わせていません。

僕も小さいながらに事業を営んでいますが、売上に対して、経費として様々な支出が発生するので、ふと意識を強めてしまうと、僕は「お金」払うために生きているのでは? といった錯覚に襲われる時もあります。

 

お金って何なんだろう?という超長年に渡って世界中の多くの人々が考えてきたであろうテーマに対して、答えにはならなくても、自分なりの考え方を示す事が出来るようになる為に、まずは初体験となる「初めてのキャッシュレス生活」を実践していくコトで、意識アゲアゲで学んでいきたいと思います。

 

 

というわけで、キャッシュレス生活を初めるにあたって、まずは僕のお財布の現状を紹介します。

 

財布の中身公開。現在の状況はこんな感じです

僕は財布に多くのモノを入れて持ち運ぶのが苦手なので、普段は「小さいふ」を愛用させてもらっています。小さいふは、写真のようにカントリーマアム二個分にも満たないほどの大きさで、非常に小さいお財布です。

 

小さいふは、本当にスッキリとしているので、持ち物を減らしたい人にとって優れている財布だと思います。革製品なので、使えば使うほど馴染みますし、僕が使っている小さいふも3~4年になりますが、良い味が出ています。僕が思う小さいふの欠点は一つだけです。構造上、どうしても紙幣の端がクルンっとなってしまうので、電子POSレジのお店で、クルンとなった部分をまっすぐにしないといけないコトだけです。今後、財布に収納されるのはカードだけになるのでより使いやすくなりますね。

 

改めまして、こちらが今の僕の財布の中身です

すでに大分スッキリしているようにも感じますが、今日の財布の中身は

・硬貨(小銭)

・免許証

・キャッシュカード

・クレジットカード × 2枚

・レシート

となっています。

 

先に紹介しておきますが、レシートの中身は、キャッシュレス生活を送るに当たって参考にさせて頂く為に購入したホリエモンさんの書籍と、転生したらスライムだった件の9巻です。転生系の漫画は数多くありますが、特に好きなんですよね。リムル・テンペスト様。僕も死んだら転生してリムル様に名前を付けて欲しいです。
 

キャッシュレス生活を送る為のルール

今日の所持金は、539円です。小さいふを使っているからか、普段からこんな感じではありますが、文字通り紙幣と硬貨を全く「1円も持たない」で外出する経験は、うっかり以外では財布を置いて家庭ごみを捨てに行く時ぐらいしか無かったんじゃないかなーと思います。

色々とルールを定める為にもキャッシュレス生活については、まずは100日は試してみたいと思います。一ヶ月だと期間が短い気がしますし、せめて約三ヶ月は経験してみるコトで色々と感じて、見えてくるのでは無いかと思います。

はい。これから始まるキャッシュレス生活での基本ルールです。

 

【キャッシュレス生活の基本ルール】
 
1.現金を使わない(硬貨と紙幣ですね)

2.支払い関連は基本、全て電子マネー、クレカ、引き落とし等に限る
 
3.どうしても現金支払いが必要なコトだけは現金で支払う(職場の互助会費とかです)
 
4.現金(硬貨と紙幣)を手に入れた時は速やかに銀行口座もしくは電子マネーに入金
 
5.キャッシュレスに関連する新しいコトは積極的に取り入れる
 
「現金を使わない生活」は、近隣諸国と同様に日本でも転換される時期が近づいています。キャッシュレス時代は確実に近づいているので、キャッシュレス生活を続けていきながら、「お金って何なんだろう?」という疑問に対して、色々と楽しんで勉強しながら自分なりの答えが出せるようになればいいと思っています。
 
キャッシュレス生活」では色々とやりたいコトがあるので、シリーズ連載として長期的に書いていきます。
 

今日から現金(硬貨&紙幣)は使用せずに、決済を行っていきます。

定期的に状況報告をしますので、宜しくでーす。
 

お金カテゴリの最新記事